【就活内定体験談】大学偏差値:58 内定社数:2 就職先:小売業

【就活内定体験談】大学偏差値:58 内定社数:2 就職先:小売業

【就活内定体験談】大学偏差値:58 内定社数:2 就職先:小売業

 

次の方は、あることを意識することで内定を獲得できたようですね

 

 

ご紹介します

 

 

こばちゃんさん、男性、偏差値:58 内定社数:2 就職先:小売業

 

 

【就活中に抱いていた不安】

 

 

就活中に抱いていた大きな不安は、自分が面接が下手であるということです。

 

 

具体的にどういうことかと言うと、面接官から質問をされると、極度の緊張が原因で萎縮してしまい、しっかりとした受け答えができなくなってしまうのです。

 

 

それによって、コミュニケーション能力が欠如していると判断されてしまい、面接で落とされてしまうのです。

 

 

その連続によって、なかなか内定を取れることができなかったのです。

 

 

私は本来は、大学生活やアルバイト先などにおいても、しっかりと人間関係を築くことができるため、面接ではその本来の力を発揮できないという歯がゆい思いがあり、悔しくてたまりませんでした。

 

 

【どのように解決したか?】

 

 

私はこのまま一社も内定を取ることができず、もう就職できないのではないかという大きな不安が生じてしまいました。

 

 

そこで就職サイトなどにて、面接の際にかなりの高確率で聞かれる質問を約20個ほど調べ、その答え方を全て用意しするという方法で解決しました。

 

 

あらかじめ答え方を用意しておけば、緊張と不安の感情が取り除かれ、萎縮してしまうことがなくなるのです。

 

 

【アドバイス】

 

 

現在、なかなか内定を取れずに不安に感じている方もほとんどは面接に悩みや不安を感じているはずです。

 

 

就活においては面接が一番重要視されてしまうからです。

 

 

しかし私のようにしっかりと面接の準備をすれば大丈夫です。

 

 

不安を感じる必要はありません。

 

 

 

こばちゃんさんは、想定問答集をつくることで悩みを解決できたようですね

 

 

ご参考にしてください

 

この記事と関連する記事

【大学偏差値:60 内定社数:7 就職先:自動車関連メーカー 】
【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:総合化学会社(事務系総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:クレジット会社(事務職)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:大手自動車部品メーカー】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:48 内定社数:1 就職先:百貨店(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:2 就職先:商社(総合職)】
【大学偏差値:47 内定社数:2 就職先:都銀(一般職)】
【大学偏差値:40 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:1 就職先:病院(事務職)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:電機メーカー(総合職)】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:IT企業(SE)】
【大学偏差値:60 内定社数:3 就職先:商社(営業)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:製造業(総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:4 就職先:電機系(営業職)】
【大学偏差値:51 内定社数:1 就職先:生命保険会社(総合職)】
【大学偏差値:48 内定社数:2 就職先:プログラマー】
【大学偏差値:65 内定社数:3 就職先:広告代理店】
【大学偏差値:61 内定社数:1 就職先:都市銀行(地域総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:システムエンジニア】
【大学偏差値:50 内定社数:6 就職先:複合サービス業(総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:SE】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:介護職】
【大学偏差値:50 内定社数:2 就職先:大手電機メーカー(技術職)】
【大学偏差値:50 内定社数:1 就職先:IT】
【大学偏差値:67 内定社数:3 就職先:ホテル(総合職)】

就活初心者の方へ 内定獲得法 プロフィール お問い合わせ