【就活内定体験談】大学偏差値:50 内定社数:1 就職先:IT

【就活内定体験談】大学偏差値:50 内定社数:1 就職先:IT

【就活内定体験談】大学偏差値:56 内定社数:3 就職先:デザイン会社

 

次の方は、あることを意識することで内定を獲得できたようですね

 

 

ご紹介します

 

 

ringoさん、男性、偏差値:50 内定社数:1 就職先:IT

 

 

【就活中に抱いていた不安】

 

 

初めて企業に行くことに不安がありました。

 

 

着慣れないスーツを着用して新たな道を進まないといけないという不安もありました。

 

 

また、企業の方とどのような話し方をすればよいのかという悩みもありました。

 

 

【どのように解決したか?】

 

 

私は不安を解消するために色々な企業への説明会や面接に参加することにしました。

 

 

そうすることにより経験を積んでその場に慣れることが必要だと感じたからです。

 

 

話し方もたくさんの方と話すことにより、いろいろな返し等にも対応することができると思いました。

 

 

内定獲得するためにはどうしても他の方より大きい印象を与えることが必要だと思います。

 

 

そこで必要なのが話す力やコミュニケーション能力です。

 

 

自分の持っている強みやアピールポイントを多く持っているとそれだけ企業の方へとアピールすることができます。

 

 

【アドバイス】

 

 

履歴書などを書くときに自己分析をすると思いますが、そこでなぜその強みを持っているかや、その強みを持っていることにより今まで役に立った経験なども一緒に考えて取り組むことで内定獲得へと大きな一歩を踏み出すことができると思います。

 

 

志望動機も同じです。

 

 

なぜその企業へ志望を決めたのかというのは企業の方がこれからどのような意気込みで会社に貢献してくれるかなどを確認する場でもあると思います。

 

 

そういった内容も込めて自己PRと志望動機を考えると良いと思います。

 

 

 

ringoさんは、話す力を身に着けることが内定獲得のきっかけだったようですね

 

 

ご参考にしてください

 

この記事と関連する記事

【大学偏差値:60 内定社数:7 就職先:自動車関連メーカー 】
【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:総合化学会社(事務系総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:クレジット会社(事務職)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:大手自動車部品メーカー】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:48 内定社数:1 就職先:百貨店(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:2 就職先:商社(総合職)】
【大学偏差値:47 内定社数:2 就職先:都銀(一般職)】
【大学偏差値:40 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:1 就職先:病院(事務職)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:電機メーカー(総合職)】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:IT企業(SE)】
【大学偏差値:60 内定社数:3 就職先:商社(営業)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:製造業(総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:4 就職先:電機系(営業職)】
【大学偏差値:51 内定社数:1 就職先:生命保険会社(総合職)】
【大学偏差値:48 内定社数:2 就職先:プログラマー】
【大学偏差値:65 内定社数:3 就職先:広告代理店】
【大学偏差値:61 内定社数:1 就職先:都市銀行(地域総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:システムエンジニア】
【大学偏差値:50 内定社数:6 就職先:複合サービス業(総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:SE】
【大学偏差値:58 内定社数:2 就職先:小売業】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:介護職】
【大学偏差値:50 内定社数:2 就職先:大手電機メーカー(技術職)】
【大学偏差値:67 内定社数:3 就職先:ホテル(総合職)】

就活初心者の方へ 内定獲得法 プロフィール お問い合わせ