【就活内定体験談】大学偏差値:65 内定社数:3 就職先:広告代理店

【就活内定体験談】大学偏差値:65 内定社数:3 就職先:広告代理店

【就活内定体験談】大学偏差値:65 内定社数:3 就職先:広告代理店

 

次の方は、あることを意識することで内定を獲得できたようですね

 

 

ご紹介します

 

 

Youさん、男性、偏差値:65 内定社数:3 就職先:広告代理店

 

 

【就活中に抱いていた不安】

 

 

広告の仕事がしたくて広告代理店ばかり受けていましたが、そういうところを狙う学生はやはり、非常に自信ありげだったり、自己主張がうまかったり、というようにちょっと目立つ人が多い感じでした。

 

 

私は至って地味なタイプでしたので、普通の1対1の面接では、特に焦ることもなく、普通に自己PRもできましたし、質問にも的確にこたえられたのですが、集団面接、グループ面接、グループディスカッションになると、そういう「目立つ」系の学生にあおられるというか、スタンドプレイに焦ってしまって、返って自分の良さを出せずに苦戦していました。

 

 

こういうことでは広告代理店に就職できないのではないか、という不安をいつも抱えて就活をしていました。

 

 

【どのように解決したか?】

 

 

何社かのグループ面接でうまくいかなかったときに、思い切って開き直り、どうせ自分はこういう人間だから、それを普通に出して、相手に気に入られればそれでいいし、気に入られなければそれは仮に入ってからも苦労するはずだから、採用してくれなくていい、と考えるようにしました。

 

 

そうしたところ、今までの焦る気持ちがなくなって、グループ面接でそのような人間がいようと動揺しないで、自分らしさを出すことができました。

 

 

それがうまくいったのか、思い通りの広告代理店の内定を取ることができました。

 

 

【アドバイス】

 

 

自分らしさを出すためにはまず開き直ることだと思います。

 

 

必要以上に自分を大きく見せようとして背伸びをしたり、飾ったりしても、相手もプロなので見破られます。

 

 

素直に自分をアピールするのが一番いいと思います。頑張ってください。

 

 

 

Youさんは、開き直ることで内定を獲得できたようですね

 

 

ご参考にしてください

 

この記事と関連する記事

【大学偏差値:60 内定社数:7 就職先:自動車関連メーカー 】
【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:総合化学会社(事務系総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:クレジット会社(事務職)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:大手自動車部品メーカー】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:48 内定社数:1 就職先:百貨店(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:2 就職先:商社(総合職)】
【大学偏差値:47 内定社数:2 就職先:都銀(一般職)】
【大学偏差値:40 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:1 就職先:病院(事務職)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:電機メーカー(総合職)】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:IT企業(SE)】
【大学偏差値:60 内定社数:3 就職先:商社(営業)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:製造業(総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:4 就職先:電機系(営業職)】
【大学偏差値:51 内定社数:1 就職先:生命保険会社(総合職)】
【大学偏差値:48 内定社数:2 就職先:プログラマー】
【大学偏差値:61 内定社数:1 就職先:都市銀行(地域総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:システムエンジニア】
【大学偏差値:50 内定社数:6 就職先:複合サービス業(総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:SE】
【大学偏差値:58 内定社数:2 就職先:小売業】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:介護職】
【大学偏差値:50 内定社数:2 就職先:大手電機メーカー(技術職)】
【大学偏差値:50 内定社数:1 就職先:IT】
【大学偏差値:67 内定社数:3 就職先:ホテル(総合職)】

就活初心者の方へ 内定獲得法 プロフィール お問い合わせ