【就活内定体験談】大学偏差値:60 内定社数:7 就職先:自動車関連メーカー

【就活内定体験談】大学偏差値:60 内定社数:7 就職先:自動車関連メーカー

【就活内定体験談@】大学偏差値:60 内定社数:7 就職先:自動車関連メーカー

 

次に紹介する方の内定体験談は非常に参考になるかと思います

 

 

この方は、当サイトで伝えたいことを見事体現しています。
7社内定という結果を聞いても、何も不思議に思いませんでした

 

 

プリン隊さん、男性、偏差値60、7社内定、就職先:自動車関連メーカー

 

 

就活時、ESまでは通過するものの面接になると必ずお祈りメールを頂いていた時期がありました。

 

 

十数社落とされ自信もやる気も喪失していた時に、とある人事コンサル系の企業の採用担当者に悩みを打ち明け、改善方法をご教示頂きました。

 

 

その方法というのが、「自分を飾らず偽らず、素のままで臨む」という事でした。一見当たり前に見えて多くの方が中々実践できていない方法かと思われますが、私も当時はその一人でした。

 

 

人事担当者の印象を損なわない様に、より社交的で協調性のある学生に見える様に…そのことばかりに囚われ、面接後に後悔した事もしばしばありました。

 

 

そんな状況から一変し、自身の本心やキャラクターを前面に出すスタンスで、「落ちても後悔しない、素の自分を楽しむ面接」を心がけるようになってからは、嘘の様に面接に通り易くなり、結果として7社様から内定を頂くこととなりました。

 

 

私の実践した内容を聞いて、「面接を楽しむなんて…」という風に考える人も多いかと思われます。

 

 

しかし、そんな方にこそ実践して欲しいと思います。

 

 

人の目を気にせず印象を考えず、時にライバルに意見し時に面接中に大笑いし、時に趣味の話題で盛り上がり時に遠慮なく時事問題に苦言を呈する。

 

 

社会人となった今だからこそ実感できるのですが、そんな他者との何気ない会話を楽しみ、自分自身を表現することを楽しめる人こそ、「他者の目に止まる良き人材となる」…という事実に、自ずと気づいていくはずです。

 

 

プリン隊さんは、素の自分で勝負したからこそ7社内定を獲得できたわけですね

 

 

では、この素の自分で勝負するにはどうしたらいいんでしょうか?

 

 

もちろん、テクニック等もありますが、
一番大切なのは、「これで落ちたらしょうがない。後悔なんてしない」

 

 

この気持ちになれるかどうかです

 

 

この気持ちになれれば、雰囲気・オーラが格段に違いを生みます

 

 

あなたには、その覚悟を持てますか?

 

この記事と関連する記事

【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:総合化学会社(事務系総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:クレジット会社(事務職)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:大手自動車部品メーカー】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:48 内定社数:1 就職先:百貨店(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:2 就職先:商社(総合職)】
【大学偏差値:47 内定社数:2 就職先:都銀(一般職)】
【大学偏差値:40 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:1 就職先:病院(事務職)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:電機メーカー(総合職)】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:IT企業(SE)】
【大学偏差値:60 内定社数:3 就職先:商社(営業)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:製造業(総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:4 就職先:電機系(営業職)】
【大学偏差値:51 内定社数:1 就職先:生命保険会社(総合職)】
【大学偏差値:48 内定社数:2 就職先:プログラマー】
【大学偏差値:65 内定社数:3 就職先:広告代理店】
【大学偏差値:61 内定社数:1 就職先:都市銀行(地域総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:システムエンジニア】
【大学偏差値:50 内定社数:6 就職先:複合サービス業(総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:SE】
【大学偏差値:58 内定社数:2 就職先:小売業】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:介護職】
【大学偏差値:50 内定社数:2 就職先:大手電機メーカー(技術職)】
【大学偏差値:50 内定社数:1 就職先:IT】
【大学偏差値:67 内定社数:3 就職先:ホテル(総合職)】

就活初心者の方へ 内定獲得法 プロフィール お問い合わせ