【就活内定体験談】大学偏差値:51 内定社数:1 就職先:生命保険会社(総合職)

【就活内定体験談】大学偏差値:51 内定社数:1 就職先:生命保険会社(総合職)

【就活内定体験談】大学偏差値:51 内定社数:1 就職先:生命保険会社(総合職)

 

次の方は、あることを意識することで内定を獲得できたようですね

 

 

ご紹介します

 

 

アタルさん、男性、偏差値:51 内定社数:1 就職先:生命保険会社(総合職)

 

 

【就活中に抱いていた不安】

 

 

初めての就職活動で何をしたらいいのかわからなかった自分。

 

 

当時やっていた事は、就職情報紙や就職サイトを見て興味をもった企業に履歴書やエントリーシートを取り敢えず送ることばかりを繰り返していました。

 

 

案の定、結果は惨敗ばかり。本当に自信を無くしました。

 

 

【どのように解決したか?】

 

 

このままではダメだと思いやった事。それがキャリアカウンセラーへの相談でした。

 

 

相談し始めたのは大学3年生の2月頃。部活の先輩の紹介がきっかけでした。

 

 

いま思うと、これが私の就職活動のターニングポイントになったと思います。

 

 

履歴書では写真の撮り方や選び方、そして印象に残る志望動機の書き方。

 

 

面接では清潔感がある容姿にする方法や印象に残る話し方などを教わりました。

 

 

それから2ヶ月ほどで内定をもらうことができたので、キャリアカウンセラーへの相談は自分を社会人へと成長させてくれた第一歩だと思っています。

 

 

【アドバイス】

 

 

「人事を尽くして天命を待つ」という言葉がありますが、就職活動もまさにこれだと思います。

 

 

一番重要なことはエントリーシートと面接で自分の意思をしっかりと伝えること。

 

 

これがちゃんと出来ればOKです。

 

 

あとは内定が出るのも出ないのも最後は「運」次第。

 

 

出なければその会社とは「縁」がなく、出れば「縁」があったのでしょう。

 

 

その位の気概で今後も臨んでもらえればと思います。

 

 

 

アタルさんは、キャリアカウンセラーに相談することが内定のきっかけだったようですね

 

 

ご参考にしてください

 

この記事と関連する記事

【大学偏差値:60 内定社数:7 就職先:自動車関連メーカー 】
【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:総合化学会社(事務系総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:2 就職先:クレジット会社(事務職)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:大手自動車部品メーカー】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:48 内定社数:1 就職先:百貨店(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:2 就職先:商社(総合職)】
【大学偏差値:47 内定社数:2 就職先:都銀(一般職)】
【大学偏差値:40 内定社数:1 就職先:メーカー(総合職)】
【大学偏差値:53 内定社数:1 就職先:病院(事務職)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:電機メーカー(総合職)】
【大学偏差値:55 内定社数:1 就職先:IT企業(SE)】
【大学偏差値:60 内定社数:3 就職先:商社(営業)】
【大学偏差値:60 内定社数:1 就職先:製造業(総合職)】
【大学偏差値:60 内定社数:4 就職先:電機系(営業職)】
【大学偏差値:48 内定社数:2 就職先:プログラマー】
【大学偏差値:65 内定社数:3 就職先:広告代理店】
【大学偏差値:61 内定社数:1 就職先:都市銀行(地域総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:4 就職先:システムエンジニア】
【大学偏差値:50 内定社数:6 就職先:複合サービス業(総合)】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:SE】
【大学偏差値:58 内定社数:2 就職先:小売業】
【大学偏差値:50 内定社数:3 就職先:介護職】
【大学偏差値:50 内定社数:2 就職先:大手電機メーカー(技術職)】
【大学偏差値:50 内定社数:1 就職先:IT】
【大学偏差値:67 内定社数:3 就職先:ホテル(総合職)】

就活初心者の方へ 内定獲得法 プロフィール お問い合わせ