プロフェッショナル、仕事の流儀、本田圭佑スペッシャルを観て感じたこと

プロフェッショナル、仕事の流儀、本田圭佑スペッシャルを観て感じたこと

プロフェッショナル、仕事の流儀、本田圭佑スペッシャルを観て感じたこと

 

2014年6月11日

 

 

ワールドカップ前と言うことで、
ワールドカップに関連して、久しぶりにコラムを書こうと思いました。

 

 

私がサイトを運営している目的は、就活生を支援するためでもありますが、
自分が思っていること、自分が感じていることを、記録するという目的でも、
サイトは非常に活用できるのいいですよね。

 

 

あなたも、自分の考えを多くの人達に発信したいのであれば、
ブログやホームページという媒体を利用するのも一つの手ですよ^^

 

 

さて、私は、幼稚園から高校3年生までずっとサッカーをやっていたので、
サッカーが大好きです。

 

 

ですので、ワールドカップもめちゃくちゃ楽しみにしています。
あまりみんなとワイワイして騒ぐのが好きじゃないんで、
前回大会と同様に、今回のワールドカップも家でゆっくり観戦する予定です。

 

 

あなたは、バーかなんかで観戦するんでしょうか?

 

 

実は、私は、本田圭佑のファンなので、
先週から2週連続で放送されたプロフェッショナルを観ていたんですけど、
やっぱり本田はカッコいいなと思った次第です。

 

 

サッカー選手としてというより、本田の考え方に尊敬しています。

 

 

今週も、色々熱く語っていましたが、
一番、心に刺さったというか、勉強なったなと思うのが、
コミュニケーションについての話です。

 

 

本田は、価値観が異なる相手と対話をしていくことの重要性をとにかく言っていました。

 

 

不満を抱いたままそのまま過ごしていても何の得にもならない。
自分が思っていること、考えていることをしっかり発信していって、
距離を縮めていかないといい結果は出せない。

 

 

それは、サラリーマンでもそう。
上司との会話もそう。

 

 

でないと、生産性は全く上がらないでしょ?と語ってました。

 

 

それを聞いて、確かにその通りだよな。。。と改めて実感した次第です。

 

 

前職で働いていた時は、自分の意見をハッキリ言ったりして、
上司とぶつかることってあんまなかったなと。それじゃあ、
いい結果、いい関係なんて築けるわけないよなと、反省しましたね。

 

 

ただ、自分の意見を発信するというのも非常に難しいのも事実です。
話し方によっては、相手に「なんやこいつ?!えらそうに。」と思われてしまいますからね。

 

 

就活でもそうだと思いますが、働いてもいないのに、
○○で貢献できる!なんて言っても正直どうなの?とか思うはずです。

 

 

ここが、結構ポイントですよね。

 

 

そういう時に心がけて欲しいのが、
一般論+個人的解釈を伝えるということです。

 

 

例えば、ワールドカップで日本は優勝する!!!といきなり言うよりは、
確かに、日本はFIFAランク46位だけど・・・から話を始める方がいいということです。

 

 

一般的には○○と思われていますが、個人的には○○と思っています。

 

 

こういう話し方は、情報を発信する上でかなり有効ですよ。

 

 

面接なんて特にそうだと思います。

 

 

私は、○○をしてきたので貢献できます!と伝えるよりかは、
私は、まだ働いたこともないので、こんなこと言っていいかわからないですけど、
○○もしてきたし、貢献できると思っているんです。

 

 

こういう、一般論+個人的解釈での伝え方は相手にもいい印象を与えますよ

 

 

志望動機ではどうでしょうか?

 

 

確かに、御社は一般的に、○○が強みと言われていますが、
私は、○○を調査した結果、御社の一番の強みは○○だと思うんです。
そんな御社だからこそ、・・・

 

 

こんな感じで話してみることをオススメ出来ます。

 

 

一般論+個人的解釈。

 

 

ワールドカップ前の、本田圭佑のプロフェッショナルを観て、ひらめいたことでした。

 

 

とにかく、ワールドカップ楽しみですね。笑

 

一番伝えたいのは、そこでした。笑


就活初心者の方へ 内定獲得法 プロフィール お問い合わせ