内定を目指している就職活動中の大学生へ贈る

【自己分析のSTEPI】〜強み・コア編 PART9〜

【自己分析のSTEPI】〜強み・コア編 PART9〜

 

前回は、補足として長所・短所の発掘方法について、
説明させて頂きました

 

 

今日は、強み発見の「テスト診断で探す」についてお話しますね

 

 

以前もお話しましたが、
テスト診断は、前回までに明確にした強みを裏付けるため、
証拠として活用するのが一番の目的ですね

 

 

もちろん、前回までの方法で、
どうしても強みらしいものが見つからない場合にも、
必ず役に立つと思いますのでオススメします

 

 

そこで、今回ご紹介するテスト診断は、有名なので既にご存知かもしれませんが、
ギャラップ社の「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう」という本です

 

 

ビジネス書籍としても非常に有名で全世界で200万人以上が受験しており、
最終的に、自分の強みが5つ見つかる内容になっています

 

 

この本には、テスト受験用のウェブサイトとパスワードが記載されており、
ウェブサイト上でテストを行うんですね

 

 

そのテストが終了すると、あなたの強みを教えてくれます

 

 

テスト結果をみて、前回書き出した強みとマッチしているか、
チェックしてみて下さいね

 

 

マッチしていると感じるなら、
あなたの強みは本物だと判断できますよね

 

 

また、前回書き出した強みよりも、
更に良い表現が思い浮かぶかもしれません

 

 

あなたの知らない強みが出てきたなら、
その強みが発揮された場面を考え、
強みといえるか確かめて下さいね

 

 

ただ二つ注意点がありまして、
一つが、中古で買うと受験できないことですね

 

 

というのも、実はパスワードは1回しか使えないんですね。
ですから、中古で購入しても元の持ち主が、
そのパスワードでテストをしていればアウトなんですね

 

 

ですから、必ず新品で買うようにして下さいね。
元の持ち主は必ず受験していると思いますので。

 

 

二つめが、ポジティブな時に受験することですね

 

 

テスト診断のデメリットがその日の気分によって、
結果が変わる可能性が高いことなんですね

 

 

例えば、精神的に落ち着いている状態のときに受験するのと、
恋人に振られ落ち込んでいるときに受験するのとでは、
テスト結果は異なると思いませんか?

 

 

ですから、決してネガティブな状態のときに受験するのは控えましょうね

 

 

 

【次の記事】: 【自己分析のSTEPJ】〜強み・コア編 PART10〜

 


就活初心者の方へ 内定獲得法 プロフィール お問い合わせ