中途採用と第二新卒の違い

中途採用と第二新卒の違い

 

中途採用と第二新卒の違い

 

 

新卒は、正社員の経験がなく、
高校・大学卒業後にはじめて職に就く人のことを言いますが、
中途採用と第二新卒の違いはよく分からないですよね。

 

 

一応、第二新卒は中途採用の一種ではありますが、
企業に就職後、1〜3年以内に会社を辞めていて、
年齢が25、26歳以下というのが一般的です。

 

 

このような定義がされていますが、実際には、明確な定義はありません。
というのも、第二新卒という言葉自体が、就職・転職業界が決めたものなので、
第二新卒の定義なんてものは存在しないんです。

 

 

とりあえず、新卒で入社して、1〜3年以内に会社を辞めていれば、
第二新卒として扱われると思って頂いて大丈夫ですね。

 

 

それに対して、中途採用は職務経験のある経験者採用で、
即戦力として採用される転職者の方を対象としています。

 

 

つまり、

 

 

・中途採用=即戦力採用

 

・第二新卒=ポテンシャル採用

 

 

こういう、違いがあります。

 

企業が、第二新卒を採用するメリットとは?

 

中途採用の枠が存在する理由は分かると思いますが、
なぜ、第二新卒という枠が存在していると思いますか?

 

 

当然、存在する以上は、そこにメリットがあるからです

 

 

どんなメリットがあるかと言うと、

 

 

・基本のビジネスマナーが身についているので、新卒者より、教育時間・コストがかからない

 

・前職の文化に染まっていないので、成長の伸びしろが大きい

 

 

上記のようなメリットが考えられます。
2つのメリットを見れば想像できるかと思いますが、
第二新卒には、主に中小企業の求人が多いことが予想されますよね。

 

 

中小企業は、研修等になるべくコストをかけず、
ポテンシャルの高い若手を採用したいと考えているわけですね

 

 

であれば、新卒者は基本的に大企業に目がいってしまうので、
第二新卒というのは、まさに狙い所の人材ということですね。

 

 

企業が、中途採用、第二新卒に求めるものとは?

 

では、企業は中途採用者、第二新卒者にどういうものを求めていると思われますか?

 

 

中途採用は、即戦力なので、「何ができるか?」の能力面が最も重視されます。

 

 

逆に、第二新卒は、ポテンシャル採用なので、
「何をしたいか?」というキャリアプランの明確さが求められます。

 

 

第二新卒者の場合は、中途採用者と違い、
新卒で入社した会社を辞める理由は、ミスマッチによるものですよね

 

 

であれば、そのミスマッチを経験した上で、
どうすればそのミスマッチを、次は防ぐことができるか?
具体的に、今後、何をしたいと思っているのか?

 

 

ここが重要になってくるわけです。

 

 

よって、「私は○○がしたい!具体的に言えば、御社で○○をしたい!」

 

 

これが、ズバッと言えないと、第二新卒ではだめなわけです

 

 

新卒採用であれば、社会を経験したことがないので、
○○したい!というキャリアプランは重要ではありましたが、
採用を決定づけるほど重要ではなかったです

 

 

ですが、第二新卒では、企業の、「なんで当社なの?何がやりたいの?」は、
明確に回答する必要があるというわけですね

 

 

決して、即戦力をアピールする必要はないです

 

 

中途採用であれば企業は即戦力を求めますが、
社会人経験が1年〜3年であれば、
即戦力になれないのも企業は分かっています

 

 

そのため、中途採用では「何ができるか?」が重要ですが、
第二新卒では、「何をしたいか?」が重要だということを、押さえておきましょうね

 

 

もちろん、個々の会社によって求めるものが異なりますので、
一般的な解釈として押さえて頂ければと思います。

 

 

 

【次の記事】 転職市場の求人数は少ないのか?!
【前の記事】 傷病手当金を知らないとマズイことに?!


トップページ 仕事を辞めるべきか・・・?! お問い合わせ