就活内定の極意

就活内定の極意

就活内定の極意

 

内定の極意

 

 

就活の最終目標は内定ですよね。
でも、内定を取るための方法って、いまいち分からなくないですか?

 

 

そこで、内定を取るための極意を、先にお伝えしたいと思います

 

 

この極意を意識するだけで、選考は非常に有利になることをお約束します

 

 

これだけで、もう当サイトは用済みになってしまいそうですね(笑)

 

 

内定の極意をズバリ一言で言います

 

 

それは・・・

 

 

「自分を商品としてとらえる視点をもつこと」

 

 

え?って感じですか?
そんなの、当たり前でしょと思ったかもしれませんね

 

 

でも、これこそが、正真正銘の内定の極意なんです

 

 

どういうことかと言いますと、
要は、マーケティングの視点なんですね。

 

 

それを、個人にもあてはめるわけです

 

 

ある会社で、新商品ができたとします。
非常に性能が良くて競争力のある商品です

 

 

でも、いくら良い商品だからといって、
それをそのまま市場に出しただけで、商品は売れるでしょうか?

 

 

売れないですよね。。。

 

 

では、なぜ売れないのでしょうか?

 

 

それは、市場のニーズ・顧客のニーズを把握する作業をしていないからですね

 

 

ターゲットを明確にして、そのターゲットが求めるニーズを把握して、
新商品に磨きをかけた上で市場に新商品を出す

 

 

そうすることで、初めて売れるわけです

 

 

就活もこれと同じです

 

 

あなたが、いかに良いスペックがあったとしても、
企業が求めているニーズとマッチしていなければ、売れ残ってしまうわけです

 

 

就活において多くの学生がしてしまう間違いが、
「私凄いんですアピール」なんですね

 

 

私は、こんなことやあんなことをしてきて、凄い人間なんです
私は、サークル長やアルバイトリーダー、ゼミ長をしていました

 

 

どうでしょうか?あなたもしていませんか?

 

 

「自分を商品としてとらえる視点をもつ」

 

 

この視点があれば、
このアピールがとんだ間違いであることは、理解できますよね?

 

 

内定はあなたが取るんじゃないんです。
企業から貰うんです

 

 

つまり、内定は企業が出すものなんです。
企業に気に入ってもらえなければ、内定は貰えません。

 

 

では、具体的にどうすれば良いのか?

 

マーケティングの手順を就活の手順に置き換えて考えます

 

 

 

【マーケティングの手順】

 

@ターゲットを明確にする

Aターゲットのニーズを明確にする

Bそのニーズを満たすよう商品・サービスに磨きをかける

Cターゲットに商品・サービスの特徴等を喚起する

 

 

 

【上記を、就活の手順に置き換えます】

 

@志望企業を決める(自己分析)

 

  ※志望企業を見つける

 

A志望企業が求めている人物像を明確にする(企業研究)

 

  ※志望企業を丸裸にする

 

B企業目線であなたの強みを再構築する(自己分析×企業研究)

 

  ※企業目線で強みを再構築する(志望企業を丸裸にする)

 

C企業にアピールする(ES・面接等)

 

    ※エントリーシート突破法面接突破法           

 

 

この流れ通りに、就活を行えば内定は簡単です。
あなたなら内定まで絶対にたどり着けます。

 

 

ですが、この手順を必ず意識してくださいね

 

 

 

では、具体的な就活の進め方を見ていきましょう
↓↓
就活の進め方

 


就活初心者の方へ 内定獲得法 プロフィール お問い合わせ