社長の名前で検索するのはおすすめです

社長の名前で検索するのはおすすめです

社長の名前で検索するのはおすすめです

 

以下は商社(企画職)に就職した女性の体験談です

 

 

新卒の就職活動は、自己分析をし、気になる企業を探し、何社も応募し、エントリーシートを書き、面接に行き・・・と忙しく、企業研究に時間を割くことはなかなか難しいと思います。

 

 

しかし、就活を成功させるために企業研究はとても大切。企業研究を入念に行えば企業の魅力がおのずと見えてきて、説得力ある志望動機を書くことにも役立ちます。

 

 

しかしなんとなくホームページを見てみても、いまいち企業のことがわからないという方はたくさんいると思います。私もそうでした。時にはほとんど情報のないホームページもあったりして悪戦苦闘した記憶があります。

 

 

そこで私が試した方法は、ホームページを見て少しでも気になったワードを紙に書きだすこと。企業理念でも業務内容でも詳しく読んでみると何かしら心に引っかかるワードがあるはずです。

 

 

次はそれをネットで検索してみる。それをいくつか繰り返していると、ホームページを見て漠然としていた会社のイメージがすこしづつくっきりしてくるはずです。

 

 

また、代表取締役の名前を検索することもおすすめです。運が良ければ、その方が何かの特集のインタビューに答えている記事などが見つかることがあります。

 

 

ホームページにのっている代表挨拶よりも、こういった記事の方が代表の生の声が書かれている場合が多く、どういう理念に基づいて会社が運営されているのか、より詳しく知ることができます。そうして少しづつ企業のイメージを固めていけば、その企業の魅力に気づけるはずです。

 

 

それがそのまま志望動機となりますので、面接においても「御社の理念に共感して〜」などという形式的な回答をすることを避けられます。自分の言葉で伝えることで、企業側にもその気持ちが伝わり、良い印象をもっていただけることでしょう。

 

 

私も企業研究を適当にしていたときは書類で不合格となってしまうことが多かったですが、企業研究に重きを置くようにしてから、書類の通過率も良くなり、無事に内定を頂くことができました。

 


就活初心者の方へ 内定獲得法 プロフィール お問い合わせ